肌を改善するには

レディー

注射によるプチ整形が人気

顔のたるみは、軽い症状の場合はボトックス注入が行われます。これは薬液を注射するだけの簡単な治療なので、プチ整形とも呼ばれ人気の整形です。ボトックスの毒液から抽出した成分を患部に注射して皮膚にハリと弾力を与えるのです。ボトックスは、顔のたるみの原因となる筋肉の激しい動きを緩和し、たるみを解消します。これは、新しいたるみができることを予防する効果もある治療です。しかし、日にちが経つと次第に体に吸収されていくので新たな治療が必要となります。また、ヒアルロン酸注射も効果的で、皮膚を持ち上げてハリを与えるので顔のたるみを消すことができます。これもプチ整形の一つで、やはり体内に自然吸収されてしまうので再治療が必要です。

糸を使う整形とは

顔のたるみが大きく、注射によるプチ整形では効果が薄い時には、リフトアップ手術が行われます。これは、特殊な糸を皮下組織に挿入して皮膚を引き上げる治療です。メスを使わず、糸にトゲ状のギザギザや円錐型のコーンがたくさんついているものが使われます。これらの糸は溶ける糸や溶けない糸があり、治療法によって使い分けられています。糸は顔のたるみを解消するだけでなく、その周りにコラーゲンの合成も促し肌の保湿力を高める働きもします。また、金の糸を使う場合もあり、これは周りの皮膚組織を引き締めコラーゲン生成を促します。いずれの場合も、施術方法はクリニックでのカウンセリングで決めることができます。整形が初めての場合は簡単な注射による治療から始めてみるのがおすすめです。